海外産鹿角霊芝は安心できない?

βグルカン(高分子多糖体)が80%含まれる場所はここです! 

power_img01.gif

乾燥後、カチカチに固くなるこの鹿角霊芝の先端だけを採取し製品化すれば驚異的な量のβグルカンを採取できると言うことになります。しかし先端だけを採取するには余りもったいない植物であることは言うまでもありません。

かと言って、購入者が識別できないこの部分を悪用すれば安価な商品が出来上がったり、効果期待が薄くなるという販売の闇も存在することを認識しなければなりません


現在、国内に流通する鹿角霊芝商品の多くに海外産鹿角霊芝が使用されています。これは原価を抑える目的と国内産の流通量に限界があるからです。

中には確かな品質が維持されているなものも含まれていると思いますが、農薬問題、並びに採取時の条件など不安な点が残ります。


若芽(20センチ前後)の状態で採取すれば原体量が軽くなってしまうことから、胞子が飛んでβグルカンを喪失しているとしても50センチ前後まで成長した鹿角霊芝を販売した方が原価的にかなり得が出るからではないでしょうか。

粉砕したものは原型がどうであったか?確認できません。

購入者が毎回、分析に出すわけにも行かないでしょうし、後は信じることと結果を見極めるしか方法は無いでしょう。 

鹿角霊芝は代替医療に用いられる成分を大量に含有する確かに優れた植物です。



私たち消費者は産地が特定できる安心した業者を選ぶ目を養う必要があります。


純国産 鹿角霊芝 高濃若芽100% 明蘇寿(みょうそうじゅ)【美容と健康のシーナ】

癌に効果が!鹿角霊芝のご購入はこちら!



posted by キオクン at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿角霊芝(ロッカクレイシ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック