抗がん作用のあるβ1・3Dグルカンとは

単糖の結合式によって異なる多糖体(βグルカン)となり、その働きも種類によって異なります。

β1・3Dグルカンは他のβグルカンと比較した場合、格段の抗がん作用が確認されておりβグルカンというくくりだけでは効果効能における格差が著しい為、今後の販売市場はβグルカンのどの種類が何%含有されている食品なのか?という点で競われるようになると推測され、β1・3Dグルカンを豊富に含有するキノコが重要視されるように市場は変化していくでしょう。

最近では、書物も単なるβグルカンではなく、β1・3Dグルカンという個別指定した表現が使われたものも出回り始め、注目すべきはβ何何グルカンか?という部分でありβグルカンの総量だけが論争された時代も終わりを告げようとしています。


βグルカンの含有比較表でも充分驚かれたことと思いますが、何より注目すべきはこの鹿角霊芝はβ1・3Dグルカンが主成分であるという点です。

つまり、純粋なキノコを採取し商品化したとしても目的とする成分の含有量には大きな較差があり、一日何g飲んでいるか?だけでは計れない部分があるということです。

鹿角霊芝はアガリクスに比べβグルカンの量が3倍程度、更に主成分がβ1・3Dグルカンですから、抗がん作用が最も強いβ1・3Dグルカンの含有量を比較すると…

鹿角霊芝1g:アガリクス推定10g前後という計算になります。



純国産 鹿角霊芝 高濃若芽100% 明蘇寿(みょうそうじゅ)【美容と健康のシーナ】

ガンに効果が!鹿角霊芝のご購入はこちらをクリック!




posted by キオクン at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿角霊芝(ロッカクレイシ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック